新宿

新宿のつけ麺「五ノ神製作所」

JR新宿駅南口を降りて、高島屋方面へ。
少し裏手に回ったところで、行列を目の当たりにする。
エビつけ麺の店、五ノ神製作所である。
45分くらい待ったかなー。


味噌とか辛いやつとかあったけど、とりあえずはスタンダードに。
普通盛りでも麺がけっこうな量!少食の人は食べ切れないかも。

まずは麺だけを食べてみる。
コシはそこそこ、つけ麺の中ではやや細め?
小麦の風味が軽く香る。
麺単品としては特筆することはなさげ。

さてスープである。
見た目はけっこうギトいけど、魚油メインだからか思っていたよりもたれない。
どろっとした口当たりに豊かなエビの風味が広がる。
デミグラスソースみたいな洋風感もあるのは、玉ねぎの甘味によるものか?
添えられているキャベツがめっちゃ合う!でも焦らない。ここは温存である。

肉はやや歯ごたえあるけどしっとり気味。ちょいと塩味が強すぎるかな?
みりんらしき和風の甘さも感じられる。

メンマはかなり魚介の香りが強い。
下処理をしっかりしているのだろうか。
コリコリしつつも芯がなく、心地よい食べごたえ。

後半、さすがにちょっともたれてきた。
ここでキャベツである!このさっぱり感、イイネ!!
麺を食べきったところでちょうどスープもなくなり、退散。
これで最後までもたれなかったら最高なのだが。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です