神奈川県

稲田堤の居酒屋「銘酒庵じんべい」

京王線稲田堤駅。
その改札を出た直後に目当てのお店が見えてくる。


メニューを見ると、まずはその日本酒と焼酎の豊富な品揃えに驚くはずだ。
おおよそで日本酒は40種、焼酎に至っては100近くあるかな?
日本酒それぞれに味わいや日本酒度、酒米まで書かれているのは酒飲みにとって嬉しい限り。


花邑の純米大吟醸を注文。
スッとした米の香り、ややアルコールが立ってる感じがする?
香りのイメージ通り、キリっと米の旨味が来た後にツンとしたアルコール感が抜ける。
後味にうっすらと桃っぽいフルーティさが出るけど、やっぱりアルコールのキャラが強く残る。
これ・・・もしかして開封して長時間経ってることによる劣化なのでは?
まあこんだけ種類多かったらそういうのも出てくるんだろう。


お通しに燻製うずら卵。
しっかりと燻製感あるが、まあ市販のものだろう。


串に砂肝、ぼんじり、つくね。
塩を頼んだとはいえ、味付けのバランスが悪い。
肉質、火入れともに一般ピーポゥのBBQを思わせる。
つくねはもにゅもにゅ系。やっぱりコリコリ感欲しいなぁ。


だし巻き玉子。
ごく普通の塩味玉子焼き。
びっくりするくらいコメントするポイントがない。


塩ちゃんこ鍋。
にんにくがやや強めの、こってりした塩ダシ。
うーん、ちょっと臭みがあるか?まあでもかなり安いので多くは望むまい。


自家製もつ煮。
今回食べた中では一番うまかった。
しっとり濃いめの味噌が具材によくしみており、もつは口の中でほろほろと崩れる。


沖縄風メニューが多かったのでそれ系が得意なのかな?と思い、沖縄風塩焼きそばを頼む。
シャッバシャバ・・・沖縄そばつゆの素使ってるんだろうけど、絶対分量間違えてるだろ。
具材にゴーヤ、スパムを使ってるのは分かる。でもパプリカは謎。
沖縄生まれとしては、これを沖縄料理として認識してほしくはないっすね!

まとめ

総評として、飯目的で行く所では決してない。
質はあまりよくないものの、全体的にかなり低価格。
特に日本酒は都内でもなかなか見つからないレベルの安さ。
ちょっとお酒にこだわるけど、安めに済ませたい場合にはドンピシャだね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です