東京都

池袋のうどん「うちたて家」

プロローグ

池袋駅東口を出て南下。
五叉路?を左に曲がって路地へ。
個人的に、吉田うどんと双璧をなす力強いコシな武蔵野うどんの店である。

カウンター席とテーブル席が少しずつ。
券売機で買って中へ。
持ち帰りもできるようだが、それはさておき。

実食


肉汁うどん。
つゆに漬けて食べるスタイルね。
芯を僅かに残したガチムチの力強い麺。
塩水で引き締めてるのか、そのまま食べるとほのかに塩味。
50センチぐらいの長さに、乱切りでまばらな太さの麺が食感に変化を付ける。

つゆを飲んでみると、肉の旨味がありつつも油分の少ないさっぱりとした味わい。
鰹節かな?ダシのコクが強い。

うどんをつゆに漬けて食べてみる。
麺が強すぎる。表面をうっすらとコーティングする程度にしかつゆが絡まん!
けれどもそのコーティングとともにガシッと麺を噛み砕いた後、うっすら広がる塩気がたまらん中毒性。

具はシンプルにネギと豚肉のみ。
ほそながーく刻まれた白ネギは辛味もなく、シャキシャキ感の中にほんのりと甘味。
豚肉は麺のインパクトに比べると至って普通。ダシとるのが主な役割だろうか。

麺を食べきった後、割りスープを入れてそば茶ならぬうどん茶をすする。
つゆから感じていた肉の旨味は少し引き、その分鰹の風味がぐぐっと目立ってくる。
「ああ、うまい・・・」
思わずつぶやいてしまった。

まとめ

麺、麺、麺!とにかくゴリゴリの麺を喰らう!!
その力強さとは裏腹に味わいは優しくまろやか。
がっつり麺を顎で堪能した後は、是非ともつゆを飲み干して欲しい。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です