府中

これぞ本場の家庭料理!府中のロシア料理「ペーチカ」

プロローグ

府中駅を降り、ちょろっと路地入った建物の二階にひっそりとある店。
府中はこういう、ひっそり系が多い。

お店の人は多くがロシア人だが、日本語ペッラペラなので無問題。どんどん注文しろ。
ロシアのお酒がいろいろあり、注文したかったのはやまやまだがぶっちゃけこの前にラーメンとビール腹に入れててな(´∀`)ゞ

お店の情報
所在地東京都府中市府中町2-6-1 プラウド府中セントラル 2F
営業時間月~木、土、祝前日: 11:30~14:30
金: 11:30~21:00
定休日日曜日、祝日
電話番号042-368-8830
ネット予約・サイト公式サイト
テイクアウト、デリバリーテイクアウト可(11:00~15:00)
備考

実食


まずはロシアといえばこれ、ボルシチ。
見た目から分かる通り、ビーツがたっぷり。
じゃがいもと細かく刻まれたビーツが香ばしく、野菜のうまみがたっぷりと染み出している。
鶏肉も入ってるけど、こちらは普通。まあ野菜主役ですし。
サワークリームを混ぜて飲むと、爽やかな酸味とクリーミーさがコクを一気に深める。
先程まで主役だったビーツが一転、サワークリームをもり立てるポジションに。
今まで口にしたボルシチの中で間違いなく断トツうまい。


ペリメニ。ロシア風水餃子らしい。
鶏ベースのスープかな?コクがありつつもさっぱりとした後味。
ぷりぷりのひき肉はちょっとクセがあるけど、それがスープとのコントラストを生み出している。
なんだろ、ラムが入ってるのかな?
皮にサワークリームが練り込まれてるのか、うっすらとした酸味に乳っぽい風味を覚える。
スープにサワークリームをよく溶かして飲むと、さっぱりした印象がまた一変。
クラムチャウダーみたいな印象になり、またコレが肉のクセに合うんだわ!


箸休めにピロシキ。
パリッとした見た目ながらしっとり薄めの生地。
ぎっしりと詰まった中身は、目の細かいひき肉とじゃがいもがメイン。
想像以上にさっぱりとした味付け、バゲットみたいな扱いなのかな?


ビーフストロガノフ。・・・ってこんな色だったっけ(; ゚∀゚)?
ソースはバターと、チーズも使ってるのかな?乳っぽいコクが非常に強い。
そのソースが絡んだ千切りの牛肉、ほどよい弾力で噛むほどに旨味が湧き出す。
添えられているのはそばの実、それから酢漬けキャベツをボルシチに漬けたものらしい。
そばの実自体は味付けされておらず、スープと一緒に食べて食感を楽しむ感じだろうか。
キャベツはザワークラウトの酸味を穏やかにし、野菜の風味やコクを増幅させた感じ。
風味が鼻からよく抜けていく。


食後にロシアンティー。
赤い濁りのある紅茶。
この濁りの正体はジャムらしく、ベリー系の甘酸っぱさを感じる。
紅茶特有の渋みはかなり弱い。低温で抽出してるんだろうか。

まとめ

いやぁレベル高い!
特にボルシチは今まで口にしてきたやつ何だったんだってくらい質が違う。
聞くところによると、この店はまだ新しいけど他の場所でかなり長く営業してたらしい。
ただ一点残念なのは、水のカルキ臭がちょっとあること。
まあそれを加味しても、わざわざ足を運ぶ価値あるほどにおつりがくる。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です