橋本

肉の旨味全振り!橋本の熟成肉「レッドキングコング」

プロローグ

橋本駅北口を出て階段を降り、ちょろっと歩いたところ。
ちょっとアメリカンな店構え。

お店の情報
所在地神奈川県相模原市緑区橋本3-17-3 マイランド1F
営業時間11:30~20:00
(15:00までランチ営業)
定休日無し
電話番号050-5595-5740
ネット予約・サイト
テイクアウト、デリバリー各種メニューの他、オードブルをテイクアウト可能
備考

実食


Telaro Le Cinque Pietre Fiano。イタリアの白。
ジューシーな杏みたいな香りだけど、ちょっと渋みもありそう。
濃い見た目の割に飲み口は意外とすっきり。
爽やかなマスカットやらシトラスやらの香ばしさ。
梅っぽい酸味が少しあり、花の蜜のようなさっぱりした甘味がすうっと抜けてく。


お通しのポタージュ。
とろみはあるものの案外軽やか。
鶏ダシっぽい風味があるような?


スモークサーモンとアボカドのサラダ。
しんなりした野菜。
かかってるのはバルサミコ酢だろうか、控えめな味付け。
サーモンはまあ普通のマリネ。
(´-ω-`) ンー


さてさてここからが本番。
漢方牛ランプ、黒毛和牛外モモに内モモ!

ではまずランプ。
口当たりはほにゃんと柔らか。
溶ける・・・とまではいかないものの、あっという間になくなってしまう!
3つの肉の中では熟成感が一番ある。

外モモ。
ランプとは打って変わってガッシリとした歯ごたえ。
筋繊維の力強さが伝わってくる・・・ッ!
グッ、グッと噛みしめるほどに調味料の旨味も口の中へ広がってくる。

内モモ。
柔らかいものの、ちょっとキシキシとした食感。
ランプと外モモの中間みたいな印象。
前2つの個性が強かったのもあり、いまいちパッとしないな。


肉がワインの消費を加速させてしまったので、二杯目。
自家製ジンジャーのシャンディガフ。
なるほど自家製と銘打つだけあり、そこらへんの居酒屋で飲むシャンディとは一線を画する生姜感。
生姜を絞ったかのようなジューシーさ、だけど当たりが強いわけではなく、ウィルキンソンよりも飲みやすい。


Lボーンプライムステーキ。
こちらは特にお店のウリらしく。
肉汁たっぷり、だけどギトギトはしておらず赤身の旨味しっかり。
歯ごたえあるのに不思議と噛み切りやすく、この日食べた中ではトップのバランス感。
端っこは残念ながら脂身が多め(´・ω・`)・・・からの爆裂熟成感(`・д・´;)!!
なんだなんだ、脂身のが熟成早く進むんか?
あとさっきの皿もそうだけど、付け合せの芋がなにげにうまい。
めっちゃもそもそ食ってた。


デザートというわけではないが、ゴルゴンゾーラのニョッキ。
ニョッキは柔らかもっちもっち。
クセ控えめなゴルゴンに適度な胡椒が合わさり、風味を引き締める。
インパクトは強くないものの、バランス感に優れた一品。

まとめ

いやぁ、さすがに肉はうまかったスね。
熟成肉を謳う店の中ではリーズナブルで、熟成感もきちんと出てるんではないでしょうか。
ただしサラダ、テメーはダメだ。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です