つつじヶ丘

割烹としては安いが・・・つつじヶ丘「くずし割烹康さん」

プロローグ

京王線つつじヶ丘駅を出て北へ。
国道20号に出たら左へ向かうと、道路沿いにお店が見えてくる。
まあ自分は車で行ったんですけど。
・・・あ、外観の写真忘れた。

お酒は日本酒中心で15種ほど。焼酎も4種くらい。
ビールは香るエールなのがいいね。
カウンター6、テーブル4。カウンターでたばこ吸ってる(´・ω・`)
メニューは天ぷらや焼き魚が中心の模様。

お店の情報
所在地東京都調布市西つつじケ丘3-20-3
営業時間17:00~23:30
※緊急事態宣言中はクローズ早いかも
定休日日曜日
電話番号042-444-5236
ネット予約・サイト食べログ
テイクアウト、デリバリー不明
備考カード不可

実食

本当は香るエール飲みたかったけど、車なのでカナダドライジンジャー。


お通しのひじき、おでん、しめ鯖と酢漬け。
ひじきはやや強めの塩気にピリッと辛味で、日本酒が合いそうね。
おでんはほんのり温かい。
具はしらたき、ちくわに・・・麩?どれもおでんの旨味しっかりとしみてる。
鯖ははキリッとした甘酸っぱさに、やや強めのピリ辛。
ガリが入ってて辛味の印象を強める。


キスの天ぷら。塩で食べるスタイル。
おおッこれは・・・うまい!
空気をたっぷり含んだ衣は、サクッとしつつもふんわり軽やか。
食材の旨味がぎゅっと閉じ込められており、塩を付けなくてもいけちゃうポテンシャル。
添えられてるそばプリッツもぽりぽり食べる。そばの後味めっちゃ広がって良い。
写真に違和感あるのは設定間違えただけなので(・∀・)キニスルナ!!


穴子の揚げおろし。
しっとりとした穴子に白出汁の優しい風味。
大根おろしの軽い苦みが天ぷらの衣に溶け込む。
うーん?さっきの天ぷらと随分印象が違うな?
衣がやや粉っぽく、脂気多めに感じるのだけど、出汁に浸すからわざと?


出汁巻き玉子。
口当たりやわらか、じゅるっと出汁が染み出す。
旨味の中にほんのり適度な塩気。
風味のバランスとれてるので、醤油は付けないほうがいいかなぁ。


里芋と鶏肉の生姜鍋。
おお・・・だいぶグツグツ煮立っとる。
具はシンプルに里芋と鶏肉のみ。
鶏の脂と里芋のとろみでしつこくなりそうな風味を、生姜でさっぱりとした印象へ誘導してる。
里芋に鶏の旨味が溶け込んでいる。
鶏はぷるっと弾力があり、コリコリとした筋が食感に変化を与える。
ちょっと生姜が多いんかな、後味に辛味がやや長く残る。


栃尾あぶらげチーズ焼。
油揚げのパリッ、フニッ、とした食感。
そこへ甘い味噌とチーズが複雑に絡み合う風味。
味噌とチーズは合うんだよなぁ、やっぱり。
細かく刻まれた大葉が、複雑な風味に更なる奥行きを与える。
味噌の余韻がかなり長く残る。


シメにうどん。
これまた煮立っとるなぁ。
風味飛んじゃうんじゃないのかな。
溶き卵、白菜しいたけねぎ大根。
優しい白出汁に、しいたけの旨味と天かすの油気が厚みを持たせる。
僅かに振られた胡椒がいいアクセントを出してる。
麺は餅みたいにもっちりとしたコシ。
おいちゃんにはちょっと脂っ気が強すぎるかなぁ。

まとめ

ところどころ光る部分はあるものの、割烹と名乗るにはバランスが今一つな印象。
決して悪くはないのよ?キスの天ぷらは衣が極上だったし。
でもなぁ、この店行くちょい前くらいにふらり行ってるせいか厳しめになっちゃうんよ。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です